必見|サーフスケートでカーバー(CARVER)が選ばれる理由!

サーフィン

どうもKEEです!
今回はサーフスケートにまつわるお話をしていきたいと思います。

↓動画編集やカメラ・Macなどの専門YouTubeチャンネルはこちら↓
YouTube ch「Shoki_Kishigami」

↓キャンプ・サーフィン・スケボー・DIYのYouTubeチャンネルはこちら↓
Bay college【ベイカレ】SHOKI

サーフスケートで有名なブランド

まず、サーフスケートと聞いてよくでる名前といえば、カーバー(CARVER)やヤウ(YOW)そしてグラヴィティ(Gravity)ですね!

ただ、この3つのメーカーは言わばサーフスケート界のハイブランドに位置づけされ、ウッディープレス(WOODY PRESS)やオービーファイブ(OBfive)など比較的安価で購入できるものもあります。

安いブランドとカーバーの違い

私は、ウッドプレスとOB fiveとカーバーを今までに使ってきたのですが、正直安価で手に入るウッドプレスやOB fiveでも十分楽しめますし、サーフィンのオフトレも可能です。

ただ、私が購入したものがたまたまだったのかはわかりませんが、OB fiveの付属のトラックはクソでした。笑

確かスラスターシステムがついてないか旧型だったか…忘れました。汗
言えることは、サーフスケート独特の動きはできませんでした。(記憶違いだったらすみません。)
なので、別でスラスターシステムのトラックを購入し付け替えました。

結論安価なサーフスケートも十分楽しめるという事は事実です。

ですが、実際にこれらとカーバーを乗り比べると値段に見合っただけの差は感じてしまいます。

カーバーの強み

カーバーの強みはなんと言ってもスラスターシステムの性能です。

詳しくは過去の記事で述べているので省略しますが、独自の技術を駆使してできたスラスターシステムは本当に有能です。
加速や安定感や機動力はピカイチです。
カーバーのスラスターシステムには、C7とCX4とあるのですが、C7が日本人の体型やこのに合わせて柔らかめに作られているようで、CX4は固めだそうです。

そして購入する際にサーフスケートのサイズ(インチ)だけしっかりと考慮して買いましょう。

ショートボードをされていてオフトレをしたいと言う方は36インチ前後が基本的に推奨されています。
理由としては、ショートボードでのライディングにより近いスタンスでの練習を行える点です。
なので、購入前に必ずお調べになってください。


まとめ

こういった方におすすめ

・ウッドプレスやOB fiveは、遊びがてらに使用、または、足腰の強化やフォームのチェックなど簡単なオフトレに使用

・カーバーは、本格的にサーフィンのオフトレとして使用される方におすすめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

↓動画編集やカメラ・Macなどの専門YouTubeチャンネルはこちら↓
YouTube ch「Shoki_Kishigami」

↓キャンプ・サーフィン・スケボー・DIYのYouTubeチャンネルはこちら↓
Bay college【ベイカレ】SHOKI

【cinematic】Beautifnl Japan in Tottori Fukui Mie | Surf trip
サーフィン×絶景×旅×Cinematic

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました